誹謗中傷対策、著作物・機密情報漏えい後の拡散抑制サービス

拡散防止サービス

  • HOME »
  • 拡散防止サービス

漏えい情報拡散防止サービス

個人情報保護法の対象となる個人情報保管者様向けに、P2Pネットワーク上の機密情報および個人情報を拡散抑制いたします。流通する個人情報、機密情報、著作物のダウンロードを阻止するサービスを提供しています。

概要

ピアツーピアネットワーク上に氾濫する機密データを巡回収集し、データ機能を無力化、再配布するサイクルを確立。二次利用、三次利用を抑制することにより、個人情報・機密情報・著作物等を保護します。ダウンロード阻止を実施することにより、法人の信頼につながります。

拡散抑制技術

●メタデータ拡散抑制法 (データ・ディストリビューション・コントロール)
元データから特徴情報を作成し、擬似データを拡散することによる抑制方法

●ハッシュ拡散抑制法 業界初 (ハッシュ・ディストリビューション・コントロール)
元データの固有IDを再生成、保持し、拡散抑制する方法

●キャッシュ拡散抑制法  NEW
元データが保有する部分情報(破損データ)を保持することによる拡散抑制法

●ハッシュ・キャッシュ拡散抑制法 NEW
元データが保有する部分情報(正データ)を保持することによる拡散抑制法

●ノード拡散抑制補助法
共有接続点を擬似的に構築し拡散抑制を補助

●プロキシー拡散抑制補助法
代理ノード、代理IPによる拡散抑制を補助

拡散抑制のしくみ

費用

調査票をお送り致しますのでご記入頂きお見積りいたします。

ご注意

データ拡散抑制サービスはピア上に拡散されている機密データ、プライバシー、著作物の二次被害、第三者による二次取得を防止する手段です。一度電子記録媒体(電磁的記録媒体)に記録されたデータの拡散抑制および削除はできません。また、当社の技術は関係各所との連携により不正アクセス禁止法に抵触しない範囲で実行するため第三者の端末やサーバに侵入することは行いませんので完全に削除するサービスではありません。

オプショナルサービス (事前加入が必要です)

事故発生前に加入できる漏洩プロテクション「サティファイン

特に機密情報、著作物等、拡散されては困るデータに対し事前にご依頼頂き、流出、漏洩確認から72時間以内に拡散抑制を開始する事前プログラムです。

事故発生前の監視サービス

特定のデータではなく、漏洩・流出されているデータを自動収集し、関連した情報を確認した時点でお知らせするサービスです。各検索エンジンの文字検索を利用しないため、検索結果には影響がでません。

事故発生前の監視サービス トラップ型

特定のデータを法人の社内共有ネットワークに配置します。社内から持ち出し等があった際、通知し許可を得て移動先を特定します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP