誹謗中傷対策、著作物・機密情報漏えい後の拡散抑制サービス

P2PとWWW

P2PとWWWの関係

ピア・ツー・ピアとWWW(ワールドワイドウェブ)は密接な関係にあります。
一度、流出したファイルはhttpプロトコルを利用したSNS(ソーシャルメディア)、ホームページ、ブログ、掲示板、または報道媒体等に掲載されるケースが見受けられ、所謂炎上状態に陥ります。国内サーバーの場合はご自身または法律家に依頼し削除依頼をかけることもできます。

但し、国外サーバーやhttpプロトコルを利用しないサーバーに拡散されたものは中々削除することはできません。悪意、事故を問わず一度拡散された情報は中々見え難くすることは大変な作業となります。

特に、悪意があるユーザーで管理者無人型(メインサーバを持たない)のファイル共有ネットワークにアップされた場合、かつブログ等に位置情報を記載されてしまうと半永久的に消えることはないのです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Translate »